軽い症状でも重い症状でも治すのが医療です

軽い症状でも重い症状でも治すのが医療です。
子供が風邪を引きました。
そして大人も風邪を引きました。
この症状と言うのは喉が痛くなり、咳をして頭痛がして、発熱して、起きている事が出来ない症状です。
大凡病院に赴いて、風邪として診断されて、薬を処方してもらい、家で安静にしていると言うのが一般的です。
そして、このスタイルもしっかりとした医療に関わっていると言う事になります。
つまりは医師の判断でその結果に至った訳です。
自分の判断ではどうする事も出来なかった訳です。
最短で数日、長い場合では一週間かそれ以上の場合もあります。
一般的に軽い症状と言う事になります。
そしてその逆に重い症状と言うのがあります。
つまりは医師の診断で家で安静している事の出来ない症状です。
内臓疾患、その他にも骨折や肺炎、脳障害やその他、病院の中での管理下でないと治療する事が出来ない身体の疾患と言うのが重い症状と言う事になります。
短くとも数週間、長ければ数か月、そして時に数年と言う事になります。